暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

Programming

PythonのTwitterライブラリ「Tweepy」を使ってつぶやいてみる

pythonのTwitterライブラリであるTweepyでタイムラインにツイートすることに成功したので方法を書き留めておきます。

これからTwitterを始めとして、いくつかのSNSやbotなどで遊んでいきたいと思っているので、変なツイートなどがあっても無視してください。笑

Tweepyはpythonのライブラリで、TwitterのAPIを使ってツイートしたり、他人のツイートを検索したりすることができます。

リファレンスやコードはコチラにありますが、ほとんど読んでいません。わからないので。

API Reference

Github

とりあえず動かしてみよう!って感じです。

 

Twitter Developers登録

Twitter APIを叩くのは始めての経験だったので、デベロッパー登録から行ったのですが、特につまずくことなくスムーズにできたので詳細は記述しません。

この記事通りにやれば良いです。

Twitter APIの使い方まとめ

注意点としては、以下の2つぐらいです。

・アカウントに電話番号登録をしなければならない

・「Callback URL」の登録が必要

「Callback URL」はユーザーが認証作業をした後の、戻り先となるURLとのことです。

あとで設定可能だし、とりあえず必要なさそうだったので私はhttp://kasoutuuka.org/oauth.pyとしました。

このURLは利用しないなら仮定のものでかまわないようです。

 

Tweepyインストール

ターミナル上でTweepyをインストールします。

$pip install tweepy

ちなみに私の開発環境は

python 3.5

tweepy 3.5.0

anaconda 2.5.0

です。パッケージ管理にはanacondaを利用してます。超便利です。

 

Hello World実行

では実際に書いたコード(丸パクリ)は以下。

#!/usr/bin/env python
# -*- coding:utf-8 -*-

#Tweepyのインポート
import tweepy

#keyの取得
CONSUMER_KEY = 	'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
CONSUMER_SECRET = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
auth = tweepy.OAuthHandler(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET) #OAuthHandlerクラスのインスタンスを作成
ACCESS_TOKEN = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
ACCESS_SECRET = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'
auth.set_access_token(ACCESS_TOKEN, ACCESS_SECRET)

api = tweepy.API(auth)

api.update_status("Hello World")

これをtweet.pyとして保存し、ターミナルでpython tweet.pyと打ち込み実行します。

 

 

成功です。これから色々と遊んでいきます。

 

参考記事

Twitter APIの使い方まとめ

PythonでTwitterを使う〜Tweepyの紹介〜

Tweepyを使って、PythonでTwitterのAPIを超簡単に操作する

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-Programming