暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

Bitcoin

検索するだけでビットコインがもらえるSearch Tradeで、あるキーワードを買ってみた

CCMさんきつねさんが既に紹介していましたが、検索をするだけでビットコインがもらえ、キーワードを売買できる検索プラットフォーム「Search Trade」が面白いです。

サービスの詳しい内容は公式サイトCCMさんのサイトをみてください。

Search Tradeとは簡単に説明すると、

・Search Trade経由で検索する(Google検索と同じ)と、ビットコインがもらえる。現在は1回0.000001BTC。

・検索されるキーワード「bitcoin」や「apple」などを売買できる。

・キーワードの所有者はキーワードが検索される度、ビットコインがもらえる。

というオモローなサービスです。

私は面白くて高く売れそうなキーワードがないかと、ない知恵を必死に振り絞っていますw

思いついたワードで検索するだけで面白いです。

何か検索するだけでビットコインがもらえるので、今まで普通にGoogle検索していた人はSearch Tradeを使いましょう。

ググれが死語になっていけばいいですね。

私にとっては今プログラミングの勉強で検索しまくり人間なので最高のサービスです。

1日40回まで検索時にビットコインがもらえるようなので、1日最高0.000040BTCでしょうかね。

キーワードを購入してみる

これは個人的にめちゃくちゃ面白いサービスだと思いますし、お金の匂いがするのでキーワードを買ってみることにしました。

キーワードの購入は記事執筆時点の2016/5/8でビットコインなら0.38BTC、もしくはPayPalで174.10$でできます。

さあ問題は何を買うか。0.38BTCは約19,000円ぐらいで決して安い買い物ではありません。

購入するとしても1つか2つ。ですからキーワードの選択は非常に重要になります。

ポイントは

①キーワードは英語。

②キーワードの売却をもちろん考えている。

③私の最近の「Python」の検索率は半端じゃない。

④現状の参加者はおそらくビットコイナー的な人が多そう。

「Google」や「Twitter」など、人気のありそうなワード、「Blockchain」や「Ethereum」など暗号通貨関係のワードはやはり既に買われています。

試行錯誤の記録は後述のおまけを見て欲しいのですが、最後まで悩んだワードは以下の3つです。

①PYTHON

②NEM

③MONACOIN

pythonはやはり自分が一番検索するので一石二鳥w

そういう場合はビットコインはダブルで入ってくるのかな。わかりませんが。

NEM,Monacoinはたまたま検索したらまだ買われてなかったんです。

でもMonacoinはワタナベ氏が持つべきかなとかわけのわからない想いが出てきてやめました。というかあまり検索されなさそうw

ということで「python」と「NEM」を買おうと思ったのですが、動かせるBTCが少なすぎて結局「python」だけにしました。

「NEM」はビットマンが買ったら面白そうだビット!w

 

キーワードの購入方法

まずはSearch Tradeにサインアップ。

名前、苗字、メールアドレス、パスワードを入力してSign up。

確認メールをクリックして登録完了です。

ログインして、右側の「KEYWORD MARKET」をクリック。

以下の画面になるので、任意のキーワードを入力し、SEARCH。

スクリーンショット_2016-05-08_16_43_46

 

サーチして購入可能なら以下のようになります。

スクリーンショット 2016-05-08 16.51.05

ダメならこのようになります。

スクリーンショット 2016-05-08 16.52.43

 

購入するキーワードを決めたならカートに入れ、カートから購入できます。

購入はビットコインかPayPalです。

ビットコインの場合、購入ごとに決済か、Search Trade ウォレットに事前に入金していればそちらからでもできます。

今回は購入ごとに決済します。

スクリーンショット_2016-05-08_17_05_12

これで支払い画面が現れるので、ビットコインを送金し、支払い完了です。

決済にcoinbaseを利用しているようで、速くて素晴らしいです。

確認メールもすぐに来ます。

決済や確認メールのスピード感に気を使っているということは、それだけユーザーのことを考慮しており素晴らしいサービスだと感じました。

また追加で購入したいと思います。

以上、長くなりましたがSearch Tradeとキーワードの購入を解説しました。

私はPurse.io以来の面白いサービスだなと思ったのですが皆さんはいかがでしょう?

これからSearch Tradeで是非「Python」を検索してくださいね!笑

 

解説が役に立ったり、Search Tradeに興味を持ったと思った方は是非以下から登録お願いします。

Signup at Searchtrade Now!!

 

おまけ

Search Tradeで購入するキーワード候補として色々考えてました。

例えばHoriemonとか買って堀江氏に買い取ってもらえないかなとか意地汚いこと考えたりw

今のところ日本語対応していないので堀江氏も買ってくれなさそうなので止めましたw

何を

×は記事更新時に購入済みになっていたワードです。

・AMAZON ×

・HORIEMON

・TOYOTA ×

・HONDA ×

・PROGRAMMING

・UDON

・MANGA

・GEEK

・AKB

・SWIFT ×

・JAPAN ×

・SMAP

・LOVE ×

・WIKIPEDIA ×

取引所関係はzaifだけ誰か買ってました。

・ZAIF ×

・GOX

・BITFLYER

・COINCHECK

・BITBANK

最後に一番びっくらこいたのが、「satoshi」が305.40BTCで売りにかけられてました。誰が買うんだw

スクリーンショット 2016-05-08 15.50.46

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-Bitcoin