暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

Python

Pyramidチュートリアルを辿る④ルーティング

2017/03/01

前回の続きです。

前回はテストの実行とデータベースの初期化からアプリケーションの起動まで完了しました。

やっとチュートリアルの2ページ目です。

http://docs.pylonsproject.org/projects/pyramid/en/latest/tutorials/wiki2/basiclayout.html

今回はルーティングについて書きます。

翻訳間違っているところがあればすみません。自分のメモでもあるのでチュートリアルに載っていないことを書いている可能性もありますのでご注意ください。

カレントディレクトリはmyprojectでそこからのpathを書いています。

myproject/__init__.py

from pyramid.config import Configurator

    def main(global_config, **settings):
    """ This function returns a Pyramid WSGI application.
    """
    config = Configurator(settings=settings)
    config.include('pyramid_jinja2')
    config.include('.models')
    config.include('.routes')
    config.scan()
    return config.make_wsgi_app()

ここではConfiguratorをオブジェクトを作成し、ルーティングを行い、WSGIアプリケーションを返しています。

config.include()でpyramid_jinja2テンプレート、ルートやモデルをインクルードしています。

そして、あとで出てきますが、config.scan()によって、myproject/views/default.pyのデコレータ

@view_config(route_name='home', renderer='../templates/mytemplate.jinja2')

をスキャンし、レンダリング処理をしています。

myproject/routes.py

具体的なルーティングの設定です。


def includeme(config):
    config.add_static_view('static', 'static', cache_max_age=3600)
    config.add_route('home', '/')

config.add_static_view('名前', 'path', 'キーワード引数')

この部分で'static'フォルダにあるcssファイルなどの静的ビューが登録されます。

3行目のconfig.add_route('home', '/')が重要だと思います。

'home'という名前のルート名を登録し、ルーティングを設定しています。

この'home'ルートはどのページに飛ぶのでしょうか?

答えはviewsです。

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

myproject/views/default.py

from pyramid.response import Response
from pyramid.view import view_config

from sqlalchemy.exc import DBAPIError

from ..models import MyModel


@view_config(route_name='home', renderer='../templates/mytemplate.jinja2')
def my_view(request):
    try:
        query = request.dbsession.query(MyModel)
        one = query.filter(MyModel.name == 'one').first()
    except DBAPIError:
        return Response(db_err_msg, content_type='text/plain', status=500)
    return {'one': one, 'project': 'tutorial'}


db_err_msg = """\
Pyramid is having a problem using your SQL database.  The problem
might be caused by one of the following things:

1.  You may need to run the "initialize_myproject_db" script
    to initialize your database tables.  Check your virtual
    environment's "bin" directory for this script and try to run it.

2.  Your database server may not be running.  Check that the
    database server referred to by the "sqlalchemy.url" setting in
    your "development.ini" file is running.

After you fix the problem, please restart the Pyramid application to
try it again.
"""

9行目に注目です。

@view_config(route_name='home', renderer='../templates/mytemplate.jinja2')

最初のinit.pyのmain関数で実行されていたconfig.scan()されていた部分です。

route_name='home'は先程のroutes.pyで登録したルートですね。

renderer='path'で表示したいページをレンダリングしています。

つまり、routes.pyというのは名ばかりで実際のルートが書かれているのはviewsフォルダといえるかもしれません。

Djangoはurls.pyみたいなのを作りますが少し違いますね。

ルーティングとは関係ないですが、http://localhost:6543に飛んだ時にリクエストがうまく通らないときの例外処理として、メッセージを残しているのは

前回でも思いましたが親切ですし、なるほどなーって感じでした。

ルーティングについて簡単にまとめると、

  1. __init__.pyでルートのincludeとscan
  2. routes.pyでadd_routeでroute名の登録
  3. views内のファイルでデコレータを使ってレンダリング処理、指定したページを表示

となると思われます。意外とシンプルというか簡潔でわかりやすいですね。

pyramidはbottleみたいに1ファイルでアプリケーションを構成することもできます。

その場合はHello Worldの例のようにconfig.add_routeとconfig.add_viewを使うようです。


from wsgiref.simple_server import make_server
from pyramid.config import Configurator
from pyramid.response import Response

def hello_world(request):
    return Response('Hello %(name)s!' % request.matchdict)

if __name__ == '__main__':
    config = Configurator()
    config.add_route('hello', '/hello/{name}')
    config.add_view(hello_world, route_name='hello')
    app = config.make_wsgi_app()
    server = make_server('0.0.0.0', 8080, app)
    server.serve_forever()

今回はルーティングについて学びました。

まだ先は長いなー。もっとスピードを上げないと。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-Python