暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

Bitcoin

仮想通貨が可能にするマイクロペイメントの実現

2015/07/26

ビットコインをはじめとする仮想通貨の利点はなんといっても送金手数料が安いことです。

ほとんどの仮想通貨が手数料ほぼ無料です。

今日本の銀行で誰かの口座に振込しようと思えば、大抵108円以上はかかります。

中には800円以上かかる銀行もあるようですね。

さらに、15時までといった時間の制約もあります。

無駄な振込手数料を払うのはもうやめにしませんか?

金融にイノベーションが起こらない理由は金融機関の怠慢です。

起こす技術はあるはずなのに。

なぜ起こさないのか?

それは、既存の不便なサービスを利用し続ける馬鹿な消費者がいるからです。

当然ですね。銀行は何もしなくても儲かるんだから。いわゆる既得権益。

腹が立ちます。声を大にして言いたい。「消費者なめてんのか」と。

まあ愚痴はほどほどにして(笑)

この既得権益をぶち壊すのは間違いなく仮想通貨です。

すでにひびは入っています。

ドイツFidor銀行が仮想通貨Rippleのシステムの導入を開始しました。

少し前の話ですが、これは大きな動きです。

最も有名なビットコインですら金融機関と提携の話など全くありません。

まあこの件については長くなりそうなのでリップルの仕組みも含めて改めて記事にします。

結局、送金手数料がかからない仮想通貨を使えるようになると何が起こるのか?

マイクロペイメントの実現」

「コンテンツの有料化」

この2つが起こると思います。

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

マイクロペイメントとは?

マイクロペイメント(英: micropayment)は、通常の支払いシステムでは少額の決済を行うと経費が掛かり現実的ではないので、少額の金銭の支払い(転送)の手段として考案された。小額決済あるいは超少額決済とも。"micropayment" という言葉は本来アメリカでの1ドルの1000分の1を意味し、ミル単位の支払いを効率的に実現する支払いシステムを意味する。しかし最近では、クレジットカードなどの電子的支払い機構では現実的に処理できない程度の小額の支払いを意味する。マイクロペイメントを使った取引をマイクロコマース (microcommerce) という。

-Wikipedia  http://ja.wikipedia.org/wiki/マイクロペイメント より引用-

要するに、決済金額が小額のため、銀行やクレジットカードといった既存の方法では手数料が負担になってしまうため、実現できないということです。

例えば、駄菓子のECショップをネット上で立ち上げたいとします。

駄菓子は10円とか20円で単価が安く、利益率も低いです。

仮にこの駄菓子屋の利益率が2〜3%だとすると、

クレジットカード決済の手数料も2〜3%かかるため儲かりません。

仮想通貨の場合はどうでしょう?

決済手数料はほぼ無料です。

利益率2〜3%でも顧客を増やすことができれば十分やっていけるでしょう。

そうです。

仮想通貨はマイクロペイメントを実現し、マイクロビジネスを可能にするのです!

明日はこれに続けて「コンテンツの有料化」について書きます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-Bitcoin