暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

未分類

広告のあり方を変える可能性を秘めたGems

2015/01/31

仮想通貨とメッセンジャーアプリを組み合わせたGemsの注目が高まっている。

12月1日よりKoinifyでクラウドセールが始まるからだ。Koinifyで初の案件だと思われる。Koinifyについては以前ブログで紹介している。

暗号通貨トークンを利用した分散型クラウドファンディングプラットフォーム、Koinifyが100万ドルの資金調達!

メール登録をすでに終えていた人にはinviteメールが送られていて、私もすでに購入した。今回はGems内で使えるトークン(仮想通貨)XGEMの販売のみなので買ったからどうということはないが、早めに買うと安く手に入るので興味のある人はすぐにでも購入しよう。

現時点で340万XGEMほど販売されている。1BTC=17250XGEMなので約197BTC(約870万円)ぐらいの金額が動いている。プレセールすら始まっていないのにも関わらず。Gemsの期待値の高さをうかがわせる。

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

Gemsとは

Gemsについて知りたい方、詳しい情報は以下の記事がわかりやすい。

トークンエコノミーの到来~仮想通貨を組み込んだメッセンジャーアプリのGemsがプリセール  ー大石哲之blogよりー

Gems Token Sale Details & Update ーKoinify Blogよりー

コチラは動画でGemsの解説をしています。

DApp勉強会 ーyoutubeよりー

簡単な説明を。Gemsは簡単に言うと仮想通貨のやり取りができるLINE。12月1日より「XGEM」と呼ばれる暗号通貨トークンが発行され、ビットコインで購入できる。このXGEMをユーザー同士で送り合ったり、広告に利用することができる。

ユニークなのはこの広告に利用できる点だ。広告主はXGEMを支払って広告を出す。ユーザーは広告を受け入れるか拒否するかを選択でき、受け入れる場合、広告主が支払ったXGEMを報酬としてもらえる。ユーザーは広告を受けるかどうか選択できるので、広告嫌いでXGEMの不要な人は広告をシャットダウンすればよい。XGEMの欲しい人は広告を受け入れれば良い。広告料は普通GoogleやTwitter、Facebookのような企業に支払われる。しかしその広告料がユーザーに支払われるというのだから面白い。

広告のあり方を変える可能性のある壮大なプロジェクトだと私は思う。成功するかどうかは別にして、まだまだ不明な点は多いが素晴らしいチャレンジで投資したいプロジェクトである。IOSアプリが12月30日にリリース予定である。今後も注目していきたい。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-未分類