暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

Bitcoin Ripple

ビットコイン、リップル基軸通貨XRPでのデビットカード支払いが可能に。いよいよ銀行は不要。

2015/07/26

朝から牛乳ふきそうになりました。

まずはnoahさんのこの記事を見てください。

衝撃のShift Hybrid Card Beta Test!!

デビットカードというクレジットカードと銀行預金口座がリンクしているカードがあります。

タイムリーに支払われるため口座に残高がないと決済できません。

日本では引き落とし日に一括して支払うタイプが一般的ですが、中国などではデビットカードが普及しているようです。

Shift Hybrid Cardはビットコインウォレットとリンクさせることにより、カードで直接ビットコインでの支払いを実現します。

そのベータ版がついに公開され、実際にビットコインとRippleの基軸通貨XRPの支払いが可能になっているようです。

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

いよいよ銀行は不要に?

これはとんでもないことです。ビットコインだけでなくXRPでも支払いが可能とは。

リップラーが泣いて喜びますね。私は半泣きです。笑

今までリップルは拡大することに必死で、実用性に欠けていました。

IOUの発行や他の仮想通貨との交換、送金機能の利便性は高かったものの、基軸通貨であるXRPを使って買い物できればリップルは広まるのではないか?と個人的に思っていました。

XRPは他の仮想通貨を繋ぐハブ的な役割でしかなかったのです。

そのハブ機能が素晴らしかったわけですが。

モナコインなんかは独自のコミュニティを築いて実際の買い物ができたり、オークションまでできます。

そんなリップルの欠点を吹き飛ばしました。そしてこれはリップルにとって大きな一歩です。

XRPで支払いが可能ということはどういうことか?

リップルはIOUという仕組みを採用していて、極端に言うとIOUは何に対しても発行することができます。

日本円でJPY、モナコインはMONみたいに通貨に対して発行されるのが普通ですが、取引が成立するのなら、冷蔵庫でREIみたいなIOUを発行しても良いわけです。(たまたま目の前に冷蔵庫が・・笑)

あくまで発行者であるゲートウェイとそれを売買するユーザーがいないと成立しませんが。

IOUは基軸通貨であるXRPと両替することができます。

このXRPを買い物で使えるということはとんでもないことです。

リップルにはブリッジ機能もありますし、実質的に世界中で瞬時に価値のやりとりが可能になります。

身の回りのモノ全てIOU化して必要なときにXRPに換えるみたいなことも可能になるのでは、、、、それにはトラストされることも必要ですし、それほどの信頼を得ることは難しいと思いますが。笑

衝撃的すぎて想像力豊かにw

そして今回の件で強く感じたことは本当に銀行が不要になるということです。

金融インフラの整っていない途上国では銀行口座はいらず、ビットコインウォレットやリップルウォレットを作れば良いようになります。

そのためにはネット環境は必要なので通信インフラの整備からですね。

先日書いた記事「Googleの「Project Loon」が発展途上国にビットコインを拡大する?」

これに期待しましょう!

また、記事について間違ってるところやおかしい部分はぜひご指摘ください。

仮想通貨は難解なとこともありますし、勘違いしていることもあると思うのでお願いします。

読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-Bitcoin, Ripple