暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

Ripple

Ripple拡大!アメリカのCBW銀行とクロスリバー銀行がリップルプロトコルを導入!

2015/07/26

リップラーに朗報です。

CoindeskCryptcoinsnewsによると、アメリカのCBW銀行とクロスリバー銀行がリップルプロトコルの導入を発表しました。

最初にリップルの導入を発表していた、ドイツのFidor銀行に続いて3つ目です。

これにより低コスト素早く、世界中への送金が可能になります。

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

ゲートウェイの重要性と銀行の必要性

以前仮想通貨Ripple取引所まとめと比較でも書いたように、リップルはゲートウェイの存在が非常に重要です。

ゲートウェイには高い信用度が求められるため、銀行がゲートウェイになることが解決策の1つとして考えられています。

ですから、Ripple Labsは銀行に導入してもらうことがリップル普及の近道だと考えているようです。

Ripple LabsのCEO、クリス・ラーセンはこう述べています。

明らかに銀行は規制が非常に複雑で、すべての新しい技術については本当に慎重になっている。しかし、同時に、私は、彼らがこれらの技術の両方をグローバルと国内、私たちは私たちの価値交換システムを持っている本当の問題を解決できることを見ていると思います」

今回のように銀行がリップルを導入することはこれから増えていくでしょう。

しかし、銀行って必要?Rippleでいんじゃね?でも書きましたが、銀行の存在意義は間違いなく薄まってきています。

私は銀行がリップルを導入することは便利になって良いとは思いますが、本質的に世の中は何も変わらないと思います。

リーマンショック以降、巨大銀行が資本規制を求められるようになりました。

同じようにゲートウェイも規制されるのではないかと思います。

それでは「中央機関不要のP2Pでの取引が可能」という仮想通貨のメリットが活きません。

本件のCBW銀行とクロスリバー銀行がリップル導入を決めたことは大きな進歩ですが、色々と考えさせられますね。

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-Ripple