暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

未分類

暗号通貨トークンを利用した分散型クラウドファンディングプラットフォーム、Koinifyが100万ドルの資金調達!

2015/07/26

Ethreum、Storj、ブロックチェーンを応用した分散プラットフォームは、第一段階の資金調達を終えました。

これらは世界を変えるような壮大なプロジェクトです。

そして、また1つ壮大なプロジェクトが資金調達に成功しました。

分散型クラウドファンディングプラットフォーム、Koinifyが100万ドルを調達。

Koinifyのサイトはこちら

今回の調達で合計140万ドルとなったようです。

このKoinifyは暗号通貨トークンを利用したクラウドファンディングプラットフォームで、smart corporationsの支援が目的です。

以前の記事で紹介したEthreumやStorjのように、ビットコインで投資家から資金を募り、オリジナルの仮想通貨を発行して分配します。

これらのスマートな企業を支援するためのプロジェクトで、資金調達を容易にします。

例えばSONYが資金調達する場合を考えてみましょう。これはあくまで私の想像です。

クラウドファンディングと同じように資金提供を一般の投資家に呼びかけます。

現段階では投資家はビットコインしか利用できませんが、クレジットカードやデビッドカードの受け入れを検討しているようです。

投資額に応じてSONのような仮想通貨(トークン)を発行し。配分します。

SONYはSONに対して何らかの「プレミアム」をつけることが求められるようになるでしょう。

それはいわゆる購入型クラウドファンディングのように、完成した製品をプレゼントするだとか、配当金を出すとかですね。SONYは無配でしたね。笑

当然ながらリターンがなければ誰も投資してくれませんから。

投資家はSONを保有するのも売却するのも自由です。他の仮想通貨と交換もできるかもしれません。

要するにIPOのようなものです。

オリジナルの仮想通貨をプラットフォーム内だけで完結させるのか、市場で売買できるようになるのか色々と気になる部分は多いですが。

株式市場をつくると考えてもいいかもしれません。

Koinify自身がプロジェクトのキュレーションを行い、第三者による監査も実施されます。

Koinifyが実現したいのは「DAPP」と呼ばれる分散型社会ですから、分散アプリケーションを開発するスマートな企業が対象となります。SONYは無理かも。笑

私もまだまだ勉強中なので間違い等ありましたらご指摘頂けると嬉しいです。

なんせ日本語の情報がないものですから。

これからは「分散型」が1つのキーワードになりそうです。

 

 

 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-未分類