暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

Blockchain Programming

Docker ToolboxでLisk/mainnetをインストールする

分散型アプリケーション開発プラットフォーム「Lisk」が5/24日本時間の午前5時についにローンチされました。

Liskについてはコチラの記事を読んでください。

Javascriptで分散型アプリケーションを開発 Microsoft Azureにも採用されたLiskとは

早起きして参戦するか迷いましたが、私はとりあえず「見」でいきました。←起きれなかっただけ。

価格はロケットスタートして一時クラウドセール時の10倍ぐらいまで跳ね上がりましたが、この記事を書いている現在で約0.00065BTCとなり、それでも約3~4倍ぐらいにはなっています。PoloniexとBittrexに上場しており、取引も活発に行われていますね。

時価総額は現在堂々の6位です。

http://coinmarketcap.com

スクリーンショット 2016-05-28 10.23.53

せっかくプログラミングを勉強し始めているので、Liskで何かできないかなと思い、とりあえずLisk メインネットをインストールしてみます。

LiskチームはDockerを使うことを推奨しているので、仰せの通りにやっていくのですが、いつものことながらITリテラシーが低いものでDocker?なにそれ?なので、Dockerを調べることから入りました。

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

Dockerとは

Dockerとはコンテナー型の仮想環境により開発者がアプリケーションを効率良く実行できるようにするオープンソースソフトウェアです。

要はインフラ、開発環境の管理を楽にするツールですね。

自分はGitと似たようなイメージしを持ったのですが、おそらく全然違うものでしょう。笑

仮想環境を構築することで、プログラミング言語やアプリケーションのバージョン管理、削除などの手間が省けるということは、開発者にとって大きなメリットです。知って良かった。

以下の記事がわかりやすかったです。

Dockerも始めました

アプリ開発者もインフラ管理者も知っておきたいDockerの基礎知識

Dockerを使うためには、Docker ToolboxというDocker環境を簡単に利用出来るツールがあるので、インストールします。

普通にインストールしても良いのですが、どうやらHomebrew Caskを使えば、Homebrewからインストールできるようなのでやってみます。

Homebrew CaskはHomebrewを拡張したパッケージ管理ツールです。

Homebrewはすでにインストール済とします。

Mac OSX 10.11.4です。

ターミナルを開いて、

$ brew tap caskroom/cask

これだけです。

インストールしたいアプリケーションを検索できます。

$ brew cask search アプリ名

今回Dockerのアプリケーションをインストールしたいので、

$ brew cask search docker

==> Exact match

docker

==> Partial matches

boot2docker     boot2docker-status docker-compose     dockertoolbox

このように表示されます。docker toolboxもあります。

インストールします。

$ brew cask install dockertoolbox

インストールできているか確認しましょう。

$ brew cask list

→dockertoolbox virtualbox

成功です。

ドキュメントによると、Docker Toolboxを利用するには2つの方法があります。

・Docker Quickstart Terminalを使う

・シェルから使う

今回はDocker Quickstart Terminalを使います。

LaunchpadにDocker Quickstart Terminalが追加されているはずなので起動します。

成功すればこのように、ほっこりするのでスクショを貼っておきます。

スクリーンショット 2016-05-28 12.06.39

 

Lisk/mainnetのインストール

Lisk mainnetをDockerよりインストールしましょう。

インストールするには以下のようにします。

$ docker pull アプリケーション名

Lisk Documentationよりメインネットのインストールには

$ docker pull lisk/mainnetと書いているので、その通りにします。

先程のDocker Quickstart Terminalを開いて、

$ docker pull lisk/mainnet

少し時間がかかりますが、私は10分ぐらいで完了しました。

インストールできているか、確認します。

$ docker images

REPOSITORY          TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE

lisk/mainnet        latest              2554e2975c45        3 days ago          747.7 MB

インストールできました。

今回はHomebrew Caskを使ってDocker Toolboxをインストールし、そこからLiskのインストールに挑戦しました。

これから色々と触っていきます。

参考記事

Lisk Documentation Installing Lisk (using Docker)

Docker-docs-日本語ドキュメント

Dockerも始めました

アプリ開発者もインフラ管理者も知っておきたいDockerの基礎知識

アプリケーションのインストールを楽に!(Homebrew, Homebrew Caskの紹介)

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

-Blockchain, Programming