暗号通貨.py

ビットコインやブロックチェーンの技術に衝撃を受け、プログラミングの勉強を開始。現在はPythonを勉強中。

Bitcoinとは

ビットコインとはP2P(ピアツーピア)の仮想通貨です。

ピアツーピアとは簡単に言うと、銀行のような中央機関を介さないで個人間でも直接取引できるということです。振込を直接できるイメージですね。

ビットコインは日本では「仮想通貨」として広まりましたが、英語では「Cryptocurrency」つまり、「暗号通貨」として親しまれています。

暗号技術を応用しており、それにより中央機関が不要になったからです。

アメリカを中心とした世界各国では関連サービス、利用者が爆発的に増加しており、盛り上がりをみせています。日本ははっきり言うと遅れています。

しかし、規制団体設立の動きや、自民党がビットコインについて言及する等、少しずつですが認知されています。

その流れの中で、政府はビットコインを「モノ」でも「通貨」でもなく「価値記録」と認定することになりそうです。

そして、銀行や証券会社が価値記録を扱うことを禁止しました。

ロシアや中国のようにビットコイン自体を規制している国もあります。

政府の対応1つで全てが変わります。

政府が不要なはずなのに政府に振り回されるとはこんな皮肉はありませんね。

税金の問題もありますし、ぜひ慎重な対応をお願いしたいですね。

ビットコインの仕組みにも簡単にふれます。

根幹は2つあります。

スポンサーリンク

adsense

スポンサーリンク

①プルーフオブワーク

まず、ビットコインは発行枚数が制限されています。2100万枚です。

これは約10分に1回新規に発行され、マイナー(採掘者)に配られています。

マイナーとは誰か?これはビットコインの送金の確認や不正のチェック等のシステム維持に貢献した人のことです。

ビットコインはシステム維持のために膨大な量の計算を課しています。難解な計算ではありませんが、時間がかかる計算です。小学生が計算ドリルをするように。もちろんコンピューターで行われますが。

この計算をマイナーが行い、約10分で解けるように調整されています。

この計算を1番最初に解いたマイナーには報酬として、新規に発行されたビットコインがもらえます。クラスで1番最初にドリルを解いた人がお菓子をもらえるように。

現在の報酬は25BTC。8/23現在円で約120万ぐらいです。

このシステム維持のための膨大な量の計算のことを「プルーフオブワーク」と言います。

これがビットコインシステムの根幹とも言えます。

もし誰もマイニングしないと、チェック機能が働かずビットコインの信頼性は崩壊します。もしビットコインに重大な欠点があると、誰も欲しがらないので誰もマイニングしません。

ですから、みんながビットコインを欲しい、価値があると思っていると、こぞってマイニングするため価格とシステムが保たれます。

 

②ブロックチェーン

マイニングは10分に1回行われます。これは約10分になるように自動に調節されています。

このマイニングが終わると、1つのブロックとしてまとめられます。

このブロックが10分に1個ずつ作られ、連なっていったものがブロックチェーンと呼ばれます。

僕はウインナーがつながっていったものをイメージしています。10分に1個ウインナーができて、糸刺してつないでいって、、、ってわかりにくいですね。

ブロックチェーンには一番最初の取引から全ての取引が残っています。

先述している「膨大な量の計算」は今までの全記録と今回の記録に矛盾がなかったかどうか検証しているのです。それにより正しく送金され、二重払いを防いでいます。

ただこれには問題があります。

ブロックチェーンはたまに二本に分かれることがあります。

これは悪意のマイナーが送金履歴を書き換えて利益を得ようとするためです。

ですから、ブロックチェーンには長い方のチェーンを採用するという法則があります。

書き換えようとしても承認されません。

ですが、恐ろしいことにこれが承認されてしまう方法があります。

それは悪意のマイナーがネットワーク全体のマイニング速度の51%を支配することです。

これを仮想通貨界隈では「51%攻撃」と言います。

51%を支配することで、その取引が行われたブロックが正しいものだと認識されてしまうからです。これにより、送金されたビットコインを二重に使用したり、取引が改ざんされてしまう危険性があります。

実際あるマイナーが50%を超えたこともあり、そのときはビットコインの価値も下がりました。

しかし、51%攻撃は実際される可能性は低いです。

なぜなら、ビットコインを誰も信用しなくなり、価値が暴落してしまうからです。

本当によくできた技術ですね。

以上ビットコインの現状と仕組みについて書きましたがどうでしたか?

ビットコインはこれからますます発展していくでしょう。ビットコインには欠陥もあり、世界では様々な仮想通貨が開発されています。

この波にのり遅れないよう、情報発信していきます。

まだまだ勉強中ですのでご指摘ありましたらよろしくお願いします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

2015/01/31


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)